ケア・サポート:よりよいしょくばかんきょうをつくるため、さまざまなとりくみをおこなっています。

トップページへ戻る

ケア・サポート

当社では、職場環境整備の一環として健康管理ルームを設置し、 保健師・精神保健福祉士が常駐しています。
また、業務サポート面ではジョブコーチ・手話通訳者を現場に配置するなどの取り組みを行っています。

けんこうかんりルームのせっち

健康管理ルームを設置 AED完備

健康管理ルームを設置することにより勤務時間中の社員の体調不良や不測の事態への対応を図っています。

いりょうきかんとのれんたい

医療機関との連携

医療機関と提携し、毎月1回従業員の健康相談を実施しています。

ほけんし・せいしんほけんふくししのじょうちゅう

保健師・精神保健福祉士の常駐

保健師・精神保健福祉士が本社に常駐し、体調面やその他の相談・アドバイスが受けられます。

しゃしん:けんこうかんりルーム

健康管理ルーム

しゃしん:めんだんしつ

面談室

しゃしん:せいしんほけんふくしし・ほけんし

精神保健福祉士・保健師

しゃしん:オンラインでのけんこうそうだん

オンラインでの健康相談

シフト勤務

シフトきんむひょう:Aシフト(とうせきとうじつ)9:00~15:00|Bシフト(とうせきよくじつ)10:00~18:30

人工透析※1を受けている従業員が多数在籍している為、勤務時間のシフト制※2を導入しています。
従業員一人ひとりが規則正しい生活を送り、体調管理を第一とする事で業務効率の向上へとつなげます。

  • ※1 人工透析は週3日、1回約4時間の治療を必要とします。維持しなければ生命に危険さえ及ぼします。
  • ※2 透析当日は早番、翌日は遅番と透析治療にあわせたシフトを設定。個人の透析日に合わせて早番・遅番シフトを交互に設定します。

見える化プロジェクトとは

みえるかプロジェクトって?|1.いままでみえなかったことがみえることにより、だれにでもりかいできる。2.かだいをはっけんし、かいけつするためのつーる(どうぐ)としてかつようできる。3.ぎょうむないようがみえることで、よりさいぶんかでき、ぎょうむそうしゅつできる
みえるかプロジェクトのしょうさいはこちら

Copyright©Staff Service Business Support Co., Ltd. All Rights Reserved.